佐賀県警のHPに

県内で発生した交通事故に関する

さまざまな統計が載っています。

 

その中で、

「時間帯別発生状況」という

統計データがありまして、

平成29年中の交通事故で

最も多かった時間帯は

「16時~17時」で、

次いで「8時~9時」、

「18時~19時」だったそうです。

 

つまり、通勤の時間帯であり

交通量が増えるタイミングですよね!

事故に遭いやすいということは

逆に自分が事故を起こす可能性も

高くなるものだと思います (;´゚Д゚)

 

そこで今回の内容は、

加害者になってしまった時に

自分のケガに対しての

保険に関する話です!

 

車同士の事故なら

お互いに衝撃があり

衝突した側(加害者)も

ケガを負うことは

充分に考えられます (´Д`)

 

でも、実際に整骨院を

受診されている患者様は

ほとんどが被害者の方々です。

 

自分の過失割合が大きいと

我慢できる程度のケガなら

治療は必要ないと

思ってしまうのでしょうか (-ω- ?)

 

あるいは

治療に保険が使えることを

知らない方もいらっしゃると

思います。

 

加害者であっても

ケガは大小に関係なく

治療を受けるべきだと

思いますし、

そういう時に使う保険が

「人身傷害補償保険」です!

 

もちろん、

任意で加入している自動車保険で

この人身傷害補償保険を

契約していなければなりません。

とは言っても、

自分のケガを補償する

かなり大事な保険なので

ほとんどの任意保険加入者は

契約していると思います ☆( ゚Д゚)b

 

「人身傷害補償保険」は

特徴が多い保険なのですが、

「加害者のケガにも

活躍してくれる心強い保険」

ということも

覚えていただくと、

万が一の時に

安心できるのではないかと

思います!

 

ただし、場合によっては

適用されないケースもありますので、

人身傷害補償保険が

使えるかどうかの事前確認を

おススメします <(_ _)>