今回は通院ペースについて、
多く受診する方が
「症状の変化に対応しやすい」
という内容です。

当たり前の話なんですが
大事なことなので
説明します (ノ^∇^)ノ

事故に遭ってから
まず最初の一週間は
症状が強く現れてくる時期です。

それから段々と
違うところに痛みが出たり、
症状に波があったりと
不安定な時期になります。

それ以降は
個人差はありますが、
症状が強い部位を
主訴として
痛みや違和感、
重たい感じ等が続きます。

その中で
患者様が訴える症状は、
本人にしか
わからないものばかりです。

体温計や血液検査のように
数値でわかるものでは
ありません。

ただし、
触診で変化を
見極められるものが
あります。

それは「筋肉の状態」です。

通院回数を多くするイコール、
筋肉の変化を
こまめにチェックできる φ(・ω・ )

つまり、
その変化に合わせて
治療メニューも
最適なものにできると
いうことなんです!!

ここが
徳田整骨院の特徴であり、
交通事故専門治療院の真骨頂
だと思います (o^-‘)b

たとえば、
通院が週に1回だと
変化する症状に対して
遅れを取り、
治るスピードに
違いが出てきます。

だからこそ
回数は多い方が
治りが早いと
いうことなんです o(^-^)o

次回の内容は
「通院ペース」と「慰謝料」の
関係についてを
説明していきます!