今回の内容は、

ドライブレコーダーについて

僕なりに感じたことを

書きたいと思います φ(・д・。)

 

実際にドラレコを付けて

運転をしてみた感想は、

事故が起こった時の

証拠を残せる安心感と、

自分の運転を

常に記録しているという

緊張感があります (*`д´)b

 

これは意外と

交通事故の抑止力に

なっているのではないかと

思っています。

常に撮られているのは

自分の運転ですからね!

 

あと、僕の場合だと

後ろにもカメラを

付けているので、

あおり運転に対しては

より強気な姿勢で

運転できています (*`д´)b

 

交通事故治療で

通院されている

患者様の中でも、

当初は過失が1~2と

言われていたものが

ドライブレコーダーの

映像が証拠となり

過失が0になった方も

いらっしゃいます。

 

もちろん、

過失割合が必ず

変わるとは言えませんし、

もしかしたら

本人に不利に働く

場合もあると思います (;゚Д゚)

 

実は自分にも違反があって

それが映像で発覚して

ペナルティを受けるかも…

と思う人もいるかもしれません。

 

治療を行う立場からすると

「間違いなく、

ドライブレコーダーは

付けた方が良い」です。

 

事故状況のことで

主張が対立したままだと、

気持ち的にも

治療に専念できないと思います。

ドラレコの映像が

事故状況の証明になって

話が早くまとまるなら、

双方にとっても

良いことですよね o(^◇^)o

 

未だに乱暴な運転や、

スマホを操作しながらの

運転をよく見かけませんか?

将来的には搭載が標準化、

あるいは義務化になると

安全運転の意識が高まり、

交通事故の件数は

減少することが期待されるので、

僕自身は少しでも早く車社会が

そのように動いてくれると

いいなと思います (>Д<)ゝ